配偶者ビザとは

配偶者ビザ(結婚ビザ)とは、日本人と結婚をした外国人の方が、日本に滞在し結婚生活を送る場合に必要なビザです。

正式には「在留資格 日本人の配偶者等」と言い、俗称として配偶者ビザという名称が使われています。。

国際結婚の手続きを行った後に、外国人配偶者が「日本人の配偶者等」の在留資格の申請を行います。


在留資格「日本人の配偶者等」について

〇日本人の配偶者

有効に婚姻している者で、内縁者は含まれません。

〇日本人の子として出生した者

出生の時に父または母のいずれか一方が日本国籍を有していた場合、また、本人の出生前に父が死亡し、かつ、その父が死亡のときに日本国籍を有していた場合が、「日本人の子として出生した」にあたります。

海外で出生した場合も含まれます。

〇特別養子

普通養子は含まれません。原則として6歳未満でなければ特別養子になれません。

海外から外国人配偶者を呼び寄せる

在留資格認定証明書交付申請を行います。

 外国人配偶者の在留資格を変更する

現在の実務運用として、「短期滞在」から「日本人の配偶者等」への在留資格変更は、「やむをえない特別の事情」があるとして認められえます。